Loading
メンタルヘルス対策

メンタルヘルス対策

メンタルヘルス対策支援

ここ数年で企業のメンタルヘルス対策が大きくクローズアップされるようになりました。
「産業構造の変化」、「企業のグローバル化」、「成果主義の浸透と裁量労働制の普及」、「ITの普及による情報伝達手段やスピードの飛躍的変化」等々と求められる労働の質の変化は驚くべきものがあります。
メンタルヘルス対策は事業者の社会的な責任であると言われ、心の健康管理も含めた安全配慮義務が法的にも問われる今、多くの人事労務担当者にとっては
「どのようにすすめていったいいのか」、「どのように導入していったらいいのか」、「効果的な取り組みの方法は・・」とわかりにくいのも事実だと思います。
東日本大震災をきっかけに研修内での気づきからメンタルヘルス対策の必要性を痛感し、実践、研究を重ね企業のメンタルヘルスを支援してまいりました。
社内でのこころの健康管理における相談窓口としてメンタルヘルス推進を企業の方々と共に支援しております。
それぞれの企業の規模、業種により導入方法、最初の一歩は違います。
先ずは社内のご担当者様のお話しをお聞かせください。それぞれの企業のニーズにあったセミナー、カウンセリング、仕組みづくりなどこれまでの多くの企業での経験と実績から無理のないご提案をさせて頂きます。
人の問題は企業にとって大きな問題となります。単なる作業環境にとどまらず企業の生産性につながる経営資源の問題になります。その企業にあった内容を見出し、支援をさせていただきたいと思います。お気軽にご相談ください。

ポジティブメンタルヘルス

企業の重要な経営資源として、心理的資本とも言われている「従業員の心身の健康」があげられます。その心身の健康を高めていくためにも、これからは「ポジティブ・メンタルヘルス」が必要になります。
プログラムの中に、概論はもとより、
「ワーク・エンゲイジメント」、「レジリエンス」、「ポジティブ心理学」
などをあわせてお伝えしていきます。

プログラム例として、

健康でいきいきと働くことはなぜ重要か?
ワーク・エンゲイジメントとは?
個人の資源(組織の資源)を活性化してのワーク・エンゲイジメントの高め方
健康的な職場作りに向けて
しなやかな心を育てる~レジリエンスを鍛える~
真・報連相で職場が変わる

などをお伝えしております。
お時間等により変動がございますので、ご相談ください。

レジリエンス

「レジリエンス」とは、
「状況に対して私たちが反応する仕事をコントロールし、挑戦や逆境から立ち直る能力」をいいます。

私たちの日常では、さまざまな出来事が生じ、私たちはそれらに対応しています。その出来事の中には対応することが難しいものもありますが、衝動的に反応することなく、いかに意識的に自己コントロールしながら適切に反応することができるかが問われます。うまく対応することができなければ、怒りや苛立ち、不安や憂鬱、諦めや挫折を感じることもあります。その一方で、精神的な落ち込みから早期に立ち直り、挑戦や逆境を乗り越えていく人もいます。その人が持つ力がレジリエンスです。

このトレーニングを通して、なぜ人は感じ方が違うのか、ネガティブな出来事に対しての対応の仕方をどのようにコントロールできるのか、これまでの人生での対処の仕方から何を教訓として学ぶことができるのか、といった自己理解を深めます。

レジリエンスは決して特別のものではなく、私たちがすでに持ち、発揮しているものであり、研究によってレジリエンスは習得できることがわかっています。

特に以下の3つの力をつけていきます。それがレジリエンスを高める要素となります。

①「回復力」

逆境や困難に直面しても、心が折れて立ち直れなくなるのではなく、すぐに元の状態に 戻ることができる、竹のようなしなやかさを持った心の状態

②「緩衝力」

ストレスや予想外のショックなどの外的な圧力に対しても耐性がある、テニスボールのような弾力性のある精神、いわゆる打たれ強さを示します。

③「適応力」

予期せぬ変化や危機に動揺して抵抗するのではなく、新たな現実を受け入れて合理的に対応する力。

レジリエンスを高めて、精神的な落ち込みから早期に立ち直り、挑戦や逆境を乗り越えていく力つけてまいりましょう。

nEQ

21世紀の社会に求められるのは、知性ばかりでなく、感性・社会性・精神性をバランスよくカバーした能力。
まさに『人間力』です。一人ひとりの人間力を見極め、高めていくために生まれたのがnEQです。

「EQ」という言葉が職場や教育の現場でよく使われます。
「EQ」は、Emotional Quotient またはEmotional Intelligence Quotientの略で、日本語では「感情知能指数」と訳されています。

つまり、自分の感情をコントロールしたり、対人関係を円滑に保つ能力、いわゆるIQ能力にはあてはまらない「情と意」の能力。
チームワークや円滑なコミュニケーションが必要とされる場面では、このEQ能力が高い人が求められます。

nEQのnはNipponのnです。EQの理論はもともとアメリカで生まれたものですが、nEQ(日本人のEQ能力アセスメント)は全く新しく、日本人のために研究、開発されました。

「日本人のための」という点を意識して「わかりやすさ」と「使いやすさ」を心がけ、プログラムされたものです。nEQのnはnewのnでもあります。
nEQは新しく社会性(social)や精神性(Spiritual)を測定する項目を設けました。

従来のEQテストは主に感情面に重点が置かれていましたが、感情だけでなく、自分を正しく認識し前向きにコントロールする能力、対人関係に対応する能力、さらに社会性や精神性と幅広い側面をみることができます。

21世紀に求められる総合的な「人間力」を見極め、その力を伸ばすために開発されたアセスメントプログラム、それがnEQです。

個々の自己開発に
(自己理解・成長するためのポイントを検証する)
キャリア開発の出発点に
(自分の強み・弱みを客観的に検証・自己理解)
適切な人事配置の参考に
(業務・職場への反映・ストレス軽減)
 新規採用時の参考に
(採用者のイメージ化・採用面接へのサポート)
昇進・昇格の判定要素に
(評価者へのサポート・対人関係能力の評価)
意欲・態度の評価
(対人関係能力の確認)
職場の組織風土改善
(職場内の対人関係能力を確認し、強みと弱みを改善)
教育研修の一環として
(研修の方向性を出す・能力の向上の支援)
 

上記のようなポイントでも使えますので、ご相談の時の参考としてお使い下さい。

nEQ受検及びプロファイリング(お一人様 1時間以内)   
@16,500円(nEQ受検・消費税込)
(遠方の場合には電話等でさせていただきます)

マイルストーンに関して、またはセミナーなどに関して
ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

CONTACT
PAGE TOP